コンテンツ

SalaSa開設までの道のり

【SalaSaが出来るまで・・・】

SalaSa開設までの道のり

小さい頃から行きつけの大浜海岸1

1970年代 奄美大島で生まれ、地元で6年間OL生活。 1997年 ラーメン屋の修行をするために関西へ。
2000年 修行先のラーメン屋が潰れる(修行期間中に自分には向いてないという事を薄々感じる) 自分には何が向いているのか?・・・新たな職探しが始まる。
この際!と思い、やってみたい職業の面接を片っ端から受けていく。 ・・・が、予想以上に落とされ続ける。

おにぎりを持って夕日を見に行ってた大浜海岸2

おにぎりを持って夕日を見に行ってた大浜海岸2

唯一、受かったのがリラクゼーションサロン。 2001年面接を受けた次の日からリラクゼーションサロンでの研修が始まる。 (研修をやっていくとこれが意外と面白かった)

「仕事として一生続けたい!」という気持ちと「癒しだけでなく治療もしたい!」という気持ちが芽生えてくる。 2004年芽生えた気持ちを実現させるべくリラクゼーションサロンを辞め、鍼灸あん摩マッサージの専門学校へ入るための試験勉強を始める。

が・・三か月後、先に「リラクゼーションを開業しよう!」と入学後(予定)の仕事を確保するため一変して物件探しに日々駆け巡る。

この年の暮れに「リラクゼーション SalaSa」を開業。

エネルギー不足の時は太平洋の水平線を見てパワーをもらっていたあやまる岬

エネルギー不足の時は太平洋の水平線を見てパワーをもらっていたあやまる岬

2006年  SalaSaを開業して一年後、入学試験を受け合格。 (学生時代の三年間は鍼灸の勉強に加え、師匠探しをするため色んなセミナーに参加したり、 いいと言われる治療院へは積極的に施術を受けに行く)

2010年学校卒業後、国家試験を受け合格。 免許取得後は「癒しの鍼灸・整体院 SalaSa」に改名し今に至る。

ここまで読んでいただきありがとうございます。 まだまだ辛い症状をお持ちの患者様はたくさんいらっしゃいます。

単に揉むだけ、シップを渡すだけ、痛み止めのお薬だけ・・ではなく、その患者様が元気になられる様にお体の根本から治療し、一人でも多くの方が楽になれるお手伝いをさせてください。

特に女性が元気でハツラツといられる事は大切な事だと思います。 SalaSaに来られる方が楽になり笑顔になれるよう日々邁進中です(^^)/