【骨盤のゆがみ】気になりますよね?こんなことゆうのもなんですが・・不調があるorないに関わらず骨盤のゆがみは誰にでもあります!

みなさん、こんにちは。

日々、いかがお過ごしでしょうか?

 

 

今回は「骨盤のゆがみ」について書いていきますね。

街を歩いていると「骨盤矯正」や「産後の骨盤引き締め」などの看板をよく見かけませんか?

私はよく見ます(^^)

やはり似たような業種なので気になるのでしょうか。。

 

 

同じように骨盤のゆがみが気になる人や調子が悪い人には

そのような情報が目に飛び込んできやすいのではないかと思います。

しかし、調子が悪いわけではないけど

「なんか骨盤がゆがんでる気がする」

といって来られる方も多く、SalaSaでは骨盤を整え

全体的に身体を引き上げる治療をしています。

 

 

 

さて「骨盤がゆがむ」と不調としてはどういう症状が出るのでしょう?

 

たとえば・・

・腰痛

・便秘または下痢

・肩こりや頭痛

・膝の痛み

・冷えやむくみ

・生理痛や生理不順

・不妊

・太りやすいまたは痩せにくい

 

など上げるとキリがないですが、

さまざまな症状に骨盤のゆがみが関わっていることは間違いありません。

 

 

しかし「骨盤がゆがんでるから調子が悪い」というよりは、

「骨盤がゆがむ何かしらの原因・キッカケがあった」

から結果的に不調が出ているという考え方の方が自然です。

 

たとえば・・

「昔、大きな怪我をしたことがある」

「手術をしたことがある」

「事故にあった経験がある」

「縫ったほどの切り傷がある」

「むち打ちをしたことがある」

 

など、こういった身体への衝撃というのは他の関節を始め、

じわじわと骨盤をゆがませる原因となります。

そのゆがんだ結果がさまざまな不調や症状を招くことになります。

また大きなケガや手術、事故などをしていなくても

その人の体のクセや日常の生活習慣からくるクセによってゆがむ場合もあります。

 

 

なのでタイトルにも書いた通り、骨盤のゆがみは不調があるorないに関わらず

誰もが微妙にゆがんでいるものです。

ゆがみなく真っ直ぐに整っている人はほぼ0に等しいということです。

そのゆがみが体に悪さをするかしないかは

その「ゆがむ度合い」と「ゆがんでいた月日」そしてその人の「筋肉の質」に関係してきます。

 

 

 

ちなみに、仕事がらこんなことを言うのも何なんですが・・😅

逆のことを言うと骨盤がゆがんでいても症状がでていないのなら放っておいてもいいんです。

骨盤がゆがんでいるからこそ力が出るという人もいますし、

左右の骨盤が揃ってない方がダイエットに向いていたりもします。

なのでココだけの話・・みんながみんな骨盤をまっすぐにしたらいいというわけではないんです。

 

『調子が悪い=骨盤のゆがみ』

 

関係はしていますが「骨盤はまっすぐじゃなきゃダメ」とか「骨盤がゆがまないように生活している」など

骨盤のゆがみに神経質にならなくてもいいということです。

『骨盤がゆがまない人なんていない』ので。

 

 

 

そんな骨盤ですが

SalaSaでは治療として、その不調や何かしらの症状がでるほど骨盤がゆがんだ原因は何か?

というところを探って根本治療をしていきます。

なので調子が悪くなった時には体からのサインを後回しにせず、

お早めにお近くの治療院に行かれることをおススメします。

もちろんSalaSaがご近所さんの方は痛みや不調を感じたら早めにお越しくださいね。

 

症状が出始めの段階で治療をすると治りも早いですし、

二次的な痛み(腰の痛みが膝の痛みに変わったとか肩の痛みの範囲が肘まで広がったなど)を防ぐことにもなります。

意外とみなさん、ご自分のお身体を後回しにすることが多いです。

 

もっと早めに来てたら良かった!

とか

放っておいたことを後悔したり

治療に行くことに罪悪感を感じて気休めにシップを貼って済ませていたりなど

 

特に主婦やママはご自分の身体より子どもやご主人のことを優先しがちです。

しかし、女性が元気でいることは社会を明るくし、夫婦関係も円満になり、

子どももすくすくと穏やかに育つと思っております。

 

ですので女性にはご自分のお身体をまず優先的に労わってほしいと願っています。

 

 

 

 

ココからはSalaSaでの骨盤調正ではどんなことをするのか

大まかに治療法を書いていきたいと思います。

骨盤のゆがみはほとんど上半身の使い方に問題があります。

 

 

骨盤のゆがみからくる腰痛もまずは上半身(腕・肩・肩甲骨・頭など)から調整します。

だいたいその辺のゆがみが腰・骨盤をゆがませています。

なので、SalaSaではほとんど腰や骨盤は触りません。

 

 

腰もしくは骨盤を触らなくても上半身のゆがみを整えるだけで

骨盤のゆがみはほぼ改善することが多いからです。

 

 

そこで日常的に上半身や骨盤のゆがみの原因になるものとしては

 

力仕事や重たい鞄や買い物の荷物を持つことが多いと肩のゆがみになりますし、

スマホやパソコンを長時間使っていたり、

指先での細かい作業などは頭の過緊張や眼精疲労などから骨盤へのゆがみとして

影響を及ぼすこともあります。

その他では、車の運転や介護、子育てなども腕の使い過ぎによって

骨盤をゆがませやすく腰に悪影響を与えます。

 

日常、普通に生活していても骨盤はじわじわとゆがみます。

ゆがんでも勝手に身体が修復できる体なら疲れをため込むこともありません。

 

勝手に身体が修復するということは

「質のいい睡眠をとる」とか「ゆっくりとリラックスする日を設けている」とか

リフレッシュする切り替えを上手にしていると心も身体もリセットしやすいです。

 

何でも度が過ぎると壊れやすいということです。

「ほどほど」「いい加減」「いい塩梅」をあえて心がける

のも自分を労わる一つです。

 

心がけて「いい加減」になってみてください。

案外、物事がスムーズに流れますよぉ~♡

今日はゆる~い身体の労り方を書いてみました😉

ご参考に💗

 

 

 

本日も読んでいただきありがとうございます(^^)